現在も未完の大器のままです

最後まで未完で終わるのかも知れません

メニュー 閉じる

作者別: ロイズ

生命保険の扱いがどうなる

債務整理をしても生命保険を辞める必要がないことがあります。
任意整理を実行しても生命保険を解約しなくても良いのです。
注意しないといけないのは自己破産する時なのです。
自己破産をするとなると生命保険を解約するように裁判所によって言われる場合があります。
個人再生や任意整理の手つづきを開始してから、最後の精算の支払い用に弁護士等に指定された口座に貯めていた積立金は、最後の精算の精算が済んだあとは依頼者のところに返金されるシステムになっています。
借金を抱えているのに積立なんてと思うかもしれないでしょうが、結局は成功報酬になるので無駄ではありないでしょうし、債務整理開始により一旦浮いた状態になった返済分をつい使ってしまったなんてことにもなりないでしょう。 弁護士との相談で金額を決めると思いますが、可能な範囲で積み立てておくほうが、あとでラクです。
自己破産に知ろ任意整理や個人再生に知ろ、司法書士や弁護士に頼むとすぐに作業に着手するものです。
事情が変わったからといって、手つづきの途中で手つづきを中止したいと思っても、一度進めてしまった手つづきをストップしようとしてすぐに行う事ができるものではありないでしょう。 とりりゆう、裁判所に申し立てを行う自己破産の場合は取消しが効きないでしょうから注意が必要です。
このようなことにならないために、債務整理をする前は考えに考えた上で弁護士や司法書士におねがいするようにしましょう。
一口に債務整理と言っても、具体的には、任意整理や個人再生、自己破産、特定調停などがふくまれています。
一般的に、任意整理を行う人が多いのですが、その理由は直接、債権者と交渉するので、裁判所をとおすことがなく、債務整理が長期化することがほとんどないのが魅力です。 担当する弁護士や司法書士が、受任通知を各業者に送付するので、取り立てを一時的に止めてもらえるでしょう。
その他の債務整理では、裁判所に申し立てすることは避けられないでしょう。
債務整理に必要な金額は、債務を整理を請け負っている弁護士事務所のHPを見るか、電話などで問い合わせると、相場を理解できるはずです。
債権者との話し合いが一筋縄ではいかないようなケースでは、さらに費用がかかる場合もありますが、よほどの事がなければ、確認した料金の範囲で手つづきをはじめてくれるはずです。 それぞれの弁護士事務所で、対応も違いますから、信頼できそうな弁護士事務所を探してみてちょうだい。
自己破産や個人再生はもちろん、時には任意整理ですら自分で手つづきしようと思えばできるのでしょうが、賢明な選択とはいえないと思います。
立とえば任意整理を行う際も交渉に来たのが債務者本人では門前払いを食らうのが関の山で、大幅な減額を見込んだ個人再生を行う時も、必要書類を自分で書き起こすりゆうですが、未経験者にできるものではありないでしょう。 それに、もし自己破産するのであれば申請書類は膨大で、手つづきにもすごくの時間がかかります。
債務整理で時間がかかりすぎると提訴されることもありますし、ここはやはり実績のある弁護士や司法書士におねがいするのが妥当なのです。 もし、個人でも債務整理ができたら良いですよね。
しかし、聞聴かじっただけの知識では通用しないでしょう。
書類の申請や長い時間も必要になることは確実です。
素人がこれを行うのは難しく、やはり借金の整理では司法書士や弁護士などにおねがいして、すべての手つづきを行って貰うのが成功しやすいと言えるでしょう。 彼らは十分な知識のあるプロですから、債務を整理が完了するまでの時間もそれほどかからないでしょう。
気になる債務整理時に発生する費用ですが、依頼する弁護士や司法書士によって変わります。
任意整理を例に挙げると、債権者1件ごとに基本料金があるうえ、最後の精算を支払う必要があります。
なお、この基本料金とは主に固定料金になっていますから、大した減額が期待できない相手に対しても手つづきを取ってしまうと、反対に、損をしてしまうかもしれないでしょう。 借金 返済 できない

借金の整理をした人の名前は

ブラックリストに載り、それが消されるまでの5年は、クレジットカードの審査にパスすることは難しいと言われています。
でも、5年もしないうちに持つ事が可能な人もいます。
そういう人は、借金を完済している場合が多いのです。
信用が得られたら、カードを持つこともできるでしょう。
借金の元がパチンコや競馬などギャンブルである時も債務整理はできます。
しかし、できるのは任意整理や個人再生といった支払総額は少なくできても返済義務から逃れることはできない方法に限定されます。
自己破産では抱えた借金すべてをなかったことにできますが、ギャンブルで生まれた借金については免責不許可事由に当たりますから、裁判所に破産の申立をし立ところで免責されにくいでしょう。 増えすぎた借りたお金を債務整理で清算すると、クレジットカードの更新が不可能になることがあります。
ご存知のように、債務整理をするとその貸金業者が加盟している信用情報機関にブラックとして登録され、この情報がクレジット会社にも共有される可能性があります。 有効期限が残っていてもクレジット機能が使えなくなるケースもあるため、引き落としに使っているのなら、債務を整理を行なう前に別の手段を用意しておきましょう。 以前、借金地獄に陥り、総額で300万円もの借金を負ったことがあります。
当時働いていた会社が事情により倒産し、無職になったことがきっかけでした。
もちろん再就職を目指しましたが、どこも採用されず、それまでの貯金も底をついて、キャッシングで生活を送っていました。
しばらくしてから無事に再就職しましたが、それまでの債務があまりに大聴く、返済しきれなくなっ立ため、結果的に債務を整理で借金を処分しました。 今現在は完済し、安定した生活を送っています。
任意整理を行なう場合、特定の債権者を債務整理の対象から外して債務を処分できます。
ですので、携帯電話会社を債務整理の対象外に指定すれば、今の携帯をそのまま所有することもできます。
特に制限なく新規の契約や機種変更もおこなえるのですが、ローンでの支払いはできなくなっていますから、機種代は購入時に一括で払わなければなりません。 けれども、携帯電話料金も払っていない状態であれば、そもそも契約自体が出来ないでしょう。
債務整理をしたら自動車ローンの審査に通らなくなるんじゃないかと不安を感じる人も少なくありませんが、実際にはそのような事実はありません。 少しの間、組めない期間がありますが、その期日が過ぎると他の人と同様に、ローンを組向ことも可能でしょうので、不安に思うことは何もありません。 借金のことや債務整理をしたことが職場にバレることを畏れて、借金を抱えたままになっている人がいますが、個人的に行った債務整理が会社にバレることは少ないです。 なお、任意整理のケースではまず大丈夫だといえます。
他の債務整理(自己破産や個人再生など)の場合でも、担当の弁護士や司法書士と打ち合わせをしておけば、債務整理の事実が会社に伝わることはありません。 かえって債務整理をしないで借金を抱えたままシゴトをつづける方が発覚しやすいです。
債務を整理の中でも、任意整理の際は無関係であり、個人再生の際は基準が緩いので、それほど問題にされないのですが、自己破産によって債務整理を考えた時は、禁止事項の一つに財産隠しがあります。 破産申立の際は現金と資産をどのくらい所持してよいか法律で上限の取り決めがあります。
基準を超えた分は処分しなければいけないのですが、もしも隠していた事が知られれば免責が不許可になるのに加えてもしかすると詐欺罪に問われるという事もありえます。
借金返済できない どうしても返せない

債務整理を考えているのなら

もし、金額の大きい債務整理を考えているのなら、司法書士より弁護士に相談すると良いでしょう。
司法書士の場合、1社からの債務額が140万円以上という大口の債務整理には担当できないという決まりがあります。
弁護士の場合はこうした制限は設けられていませんから、大きなお金の借入がある人も安心ですし、実際の訴訟においても、弁護士の方が印象が良いです。 その他にも、弁護士に債務整理を依頼すると、債務整理手続きに入ってから、すぐに法律的に取り立てから解放されることができます。 債務整理で残った債務を無事に完済し終えても、ある程度の時間が経過しなければ、クレジット会社の審査をパスしたりローンを利用することも困難になると思います。 何となくと言うと、債務整理の経験者はいわゆる「ブラックリスト」に情報が残ってしまうからです。
債務を整理後のおよそ5年間はこうしたサービスがうけられなくなるので、この期間は金融サービスをうけることは諦めてください。 個人再生とは債務整理の一つで借りた金額を減らしてその後の返済を緩和するというものであります。
これをやる事によってかなりの人の暮らしが楽になっているという実態があります。
自分も以前に、この借金の整理をした事で助かったのです。
債務整理の際には信頼できる弁護士を見付けたいものです。
まず、依頼したい弁護士の債務整理の費用と実績を確認するのがおススメです。
ただし、料金システムをきちんと掌握しておかないと、そもそもの手付金の値段は安く設定されていても、最後の精算の割合が他の弁護士事務所より高くなることもあります。
実際に依頼した人の口コミなどを参考にして良さそうな弁護士事務所を捜し、無料相談などで話をしてみて、納得できる説明をくれる弁護士ならば、実際に依頼をすると良いでしょう。 日常的にお金の借入をしているような人の中には、何度も債務整理をすることは可能なのかと心配している人もいるでしょう。
原則としては何度してもかまいません。
ただ、借金の整理の経験がある人がもう一度債務整理をしようとすると、もしかすると債務整理の方法によっては承認がハードになるかもしれません。 借金の整理を軽はずみに行おうとするのは控えるべきでしょう。
多重債務者の強い味方になる債務整理ですが、デメリットも抱えています。
その一つが、ブラックになってしまうという点でしょう。
つまり、ある程度の期間はローンや借り入れといった契約ができなくなるでしょう。
この期間についてですが、選んだ債務整理のちがいで制限が解除されるまでの期間が5年から10年の間で異なり、一律ではないんです。 生活保護費を受給されてる人が債務整理を依頼することは出来なくはないですが、利用する方法については限られていることが多いようです。 そして、弁護士自体も依頼を断って来る可能性もあるので、本当に利用出来るのかをよく考えた上で、頼んでみてください。
いくつも債務を抱え込んで、支払いの目途が立たないというタイミングで必要なのが債務整理です。
基本的には利息の減免や支払い計画の見直しといった便宜を図って貰いたい債務者が債権者に対して相談を願望する事になります。
けれども、専業者を相手にする理由なので、対して債務者が素人知識のみで談判するのは容易ではないんです。
専門知識をもつ弁護士などに力添えしてもらう人がほとんどです。
借金返せないまま

過払い金が発生しているケース

以前キャッシングで借り入れをしていた場合、過払い金請求ができる事例があります。
請求をしたい時には司法書士や弁護士の先生方を利用指せて頂き、内容証明を手に入れて、手続きすると、返してもらえるかもしれません。 まずは費用のかからない無料相談で事情を聞いて貰いましょう。
ネットが世の中に広まってからはPCやスマートフォンなどからもお金を借りられるようになったので、気軽に使用する事ができるようになっています。 そして、キャッシングが可能なのは18歳、あるいは、20歳以上の職についている方で安定している収入をお持ちの人に限定されます。 キャッシングの金利はそれぞれの会社によってちがいます。
可能な限り金利が低いキャッシングの会社を探しもとめるというのが重要になってきます。
WEB明細サービスを利用することで、身内が気づかないところで借り入れを行うことができるはずです。
キャッシングを用いることは問題あることではありませんが、家族にバレないようにしたいという人も多くいます。
キャッシング会社からキャッシングの利用履歴がポストに届いて明るみにならないよう、ネットの明細を使うのがベストです。
各金融機関によって借りられる限度額にちがいがあり、小口や即日の融資のみではなく、300万円や500万円というようなまとまった融資も受けられます。 申し込みしてから融資までが早く、さくっとにお金を手にすることができるため結構便利です。
カードで借りるというのが一般的でしょう。
小口金額の借り入れなら、銀行系のキャッシングがいいでしょう。
キャッシングサービスのなかでも、大手の銀行系列会社なら、利息コストも安いことが多く、安心して利用できますよ。
厳しい審査で有名な銀行系の業者ではサービスを受けられない場合には、知名度のあるキャッシング業者を選ぶようにしてちょうだい。 利用する前に評判を調べるのも必要です。
近ごろ巷では、スマホ以外は使わなくていいという、お手軽キャッシングの会社も少なくありません。
最初はスマホで、自分の写真(免許証など)を送信して、ひととおりの審査のあと、自分の口座に振り込まれるのをチェックすればいいのです。 キャッシング専用アプリのある会社なら、一連の作業も困る事なく進み、びっくりするぐらいあっさり済ませられるでしょう。
融資とは金融機関から少額の資金を借りることです。
お金を借りたいと思ったとすると保証してくれる人や担保が必要になるのです。
けれども、キャッシングの場合は保証人もしくは担保を準備することなしに借りられます。
本人だと確認できる書類があるのだったら基本的に融資可能と判断されます。
一括返済を認めている少額のキャッシングなら、金融業者の中には、無利息期間を設けているところもあるので、そうした業者を利用するのが便利でしょう。 この利息のかからない期間に返済を一括で行なえば利息なしで済みますから利便性が高いといえます。
一度に全部を返済しなくても無利息期間の活用ができる金融業者の方がより有利にキャッシングできる場合が多いので、比較する際には、念頭に置いてちょうだい。 借金返済のコツとは

債務を毎月払い続けます

任意整理は、和解交渉で減額された債務を毎月払い続けます。返済中に臨時収入などで返済資金に余裕がでた場合、繰り上げ返済で返済期間を短くしたり、一括で全て払い終えるといった対応が取れるでしょう。もし任意整理を専門家に依頼していた場合は、債権者への連絡は、担当者から問い合わせてもらった方が適切だといえるのです。

借金を全てゼロにするのが自己破産制度なのです。

借金で辛い毎日を送っておられる方には有難い助けですよね。ただし、メリットだけではございません。

当然のこと、デメリット(事前に想定することでその規模を小さくしたり、回避したりすることもできるかもしれません)もございます。家や車と言うような財産は全て放棄しなければなりません。

また、約十年間はブラックリストに登録されてしまう為、新しく借金は出来なくなります。

任意整理によって債務整理を行うことにした場合、返済時に延滞金や将来利息のカットをうける事ができます。ところが、元金を減額して貰おうとすると、ハードルは高いでしょう。

担当の弁護士や司法書士の交渉力が優秀であれば減額の可能性も無きにしも非ずですが、利息カットでも利益がでないのに、元金の減額を認めると債権者にとっては明確な損失なので、ナカナカ聞き入れないでしょう。
自己破産の時はもちろん、個人再生の時も手つづきをするにあたっては全ての借入先を整理対象としますが、裁判所をとおさない任意整理の場合は、文字通り対象を任意で選択し、1つずつ処理していくので、かならずしも債権者全てを対象とせず、たいていは減額効果の高い債権者を筆頭に減額交渉していきます。

ただし、交渉は強制力がありませんから、こちらの代理人が提案した内容を相手が拒否すれば、借金が減額されないまま残ることになります。一度でも債務整理をした人は、これからもお金を借ることができるのどうかは、誰しも気になる問題でしょう。法律上は、特に債務を整理を行った人に借入などの制限がかかるようなことはありません。そのため、借入できる可能性はあります。とはいえ、ほとんどの消費者金融や銀行での融資は厳しいでしょう。 逆に、小さな消費者金融では利用できることもありますから、調べてみるといいでしょう。

個人再生にいる費用と言うのは依頼した弁護士や司法書士次第でさまざまです。貧しいのにそんなの払えないと考える人でも分割払いも可能なので相談しても大丈夫なのです。
困っている人は相談した方がいいと思うのです。これまでに債務整理をしたことがある上で、再度の借金の整理をするなら、一回目の債務整理にどの方法を選んだかで異なる手つづきとなります。債務を整理を個人再生または自己破産により行った人だと、次の債務整理は7年以上経ってからでないとできません。かたや、任意整理だと期間の条件はなしです。大抵は二度目の債務を整理と言うと一度目と比較しても認可されにくいもので、二回目の自己破産ならば尚のこと相当な難しさになるでしょう。
どうにか借金を整理したいのに利用中のクレジットカードも失いたくないと言う人の場合、任意整理と言う方法で債務整理を行うことにすれば引きつづき持っていられる可能性もあります。

任意整理は任意の債権者を選定して整理が可能な制度のため、のこしたいカード会社を除いた債権者とだけ任意整理をおこなえばカードを失わずに済みます。

沿うは言っても、任意整理をおこなえば事故記録が信用情報に加わりますので、それが原因でカード更新時に恐らく利用停止となるでしょう。
任意整理で携帯使用料支払いにデメリット

費用の心配があります

実際に債務整理をしたら、いったいどのくらいの時間を費やさなければならないのでしょうか。債務を整理には任意整理や特定調停などの種類があり、どの方法を選択したかで所要時間が変わってきます。

でも、基本的にどのような債務を整理の方法でも、3か月はかかるものではないでしょうか。

持ちろん、借り入れ先の数が増えるほど必要な時間も増えてしまいますから、人によっては1年弱、またはそれ以上の時間が必要になる人もいるようです。

出資法に基づき、昔は利率が利息制限法をオーバーするような貸付がありふれていました。金利が利息制限法の上限以上かつ出資法の上限未満の貸付をグレーゾーン金利と呼んでいます。
現行は金利が利息制限法の上限を超えていると不法ということになります。つまり、借金がグレーゾーン金利で行なわれていた場合、債務整理を行なえば余計に払ってしまっていた利息を取り戻せるかも知れません。

それが過払い金請求です。もし債務整理すると、しごとに悪影響が出るのではないかと考えて、債務整理に対して消極的になってしまう方がいます。 けれど、債務整理をした結果、そのことが会社に発覚することは、ほぼありません。債務整理の中でも任意整理を行ったのなら確実に伝わることはありません。 自己破産や個人再生を行ったケースでも、弁護士がしっかりと債務整理の手つづきを行ってくれたら、職場に通告がいくようなことは避けられるでしょう。 む知ろ、借金を背負ったままの方が、会社に発覚する可能性が高いでしょう。

借金の滞納で裁判を起こされたり、既に訴状が届いている場合も、本人が要望するなら債務を整理は可能です。

その際とられるのは主にその債権者を交渉相手とする任意整理となり、弁護士等から受任通知を送付することにより、訴訟も取り下げになる場合もあります。

また減額交渉が成立すれば返済をもとめる裁判はその意義がなくなるので取り下げされ、その後は和解交渉の結果に沿って返済する為す。

増えすぎた借りたお金を債務整理で何とかしようとする前に、今あるすべての借金を「おまとめローン」などで一本化することを優先しましょう。
債務総額こそ減らないのですが、大きなひとつの債務として取り扱われるようになり、利息の重荷が少しは減らせるのではないでしょうか。複雑になってしまった返済管理もスッキリして、それぞれの会社の返すこと日を確かめる必要もありません。

おまとめローンもできないとなった段階で、実際に債務整理に着手するのもおススメです。当然ですが、債務を整理にはデメリットもあります。

たとえば、この事実が信用情報機関にのこされます。

一般的に言う「ブラックリスト」に名前が載ってしまいますから、債務整理後、しばらくの期間は銀行や金融機関のローンやサービスを使うことができないでしょう。どのくらいの期間かというと、債務を整理では、ブラック状態が解消されるまでに5年は必要になります。 債務を整理するとなると、弁護士と話を詰めなければならないことが莫大にあります。

弁護士の選択方法としては、話し合いをしやすい弁護士を選択すべきでしょう。相談会などの機会に相談しやすい弁護士を見つけるのもよいですし、周りの人から体験談を聞いて目安にするのもいいでしょう。返済の遅延を繰り返すようになると、現実的に債務整理を考えるというケースは少なくありません。
返すことしたい気持ちはあるのに、結局は返すこと資金を工面できず、延滞を繰り返してしまう人は多いです。しかるべきところに相談し、返済は無理だと判断されれば、現実的に債務整理を行うしかありません。

繰り返される電話やハガキなど、取り立ては厳しくなる一方ですし、本人だって追い詰められていきますから、追い詰められる前に行動するようにしてちょうだい。

任意整理でのデメリット 使えなくなるローン

法テラスについての話

債務整理を弁護士や司法書士に任せたいにも関わらず、支払うお金の調達が大変な方は方法としては法テラスで相談に乗って貰うのもいいでしょう。法テラスというのは法律に関する問題で困っている人を支援する公的機関です。

借金に関しての相談は無料で応じてもらえますし、経済的に苦しい人に対して民事法律扶助制度を実施しており、もし、依頼した場合に、弁護士あるいは司法書士に支払わなければならない代金をいったん肩替りし、その後返すことしていけばよいという形をとってくれます。 自営業の人が債務を整理をした場合には、注意点があります。

個人再生を行った段階で、売掛金が残っていると、財産としてあつかわれます。例を挙げて言うと、債務が1000万円の人の場合、個人再生を行って、800万円の借金が免責され、債務額を200万円まで減らせます。

しかし、仮に100万円の売掛金があると、この5分の1の20万円分をプラスした220万円の債務になります。自己破産、民事再生、任意整理はひっくるめて債務整理と呼ばれはしますがそのメリットは様々あります。 自己破産であれば返済の必要な借金が全く残らずゼロからの再出発が可能です。

つづいて民事再生は住宅ローンは対象外ですがそれ以外のお金の借入について元金の圧縮が可能で、家などの資産(多いに越したことはありませんが、本人の死後、相続争いに発展することも少なくないようです)は守る事が出来てます。

そして任意整理は各月の返済額は債権者と相談の上で決まり、その上、借金の金利や借入期間によって過払い金を取り戻せることがあります。

任意整理の場合は無関係で、個人再生の場合は基準が甘いので、問題とされることが沿う沿うないものの、債務を整理の手段を自己破産にするのであれば、財産隠しは最もやってはいけない事の一つです。破産申立の時に所持が許される現金と資産(多いに越したことはありませんが、本人の死後、相続争いに発展することも少なくないようです)は法律で最大限度が定めてあります。基準の外に出る分は処分しなければなりませんが、もし隠していた事がばれてしまうと免責が許可されないのみならずもしかすると詐欺罪に問われるという事もありえます。

借金の整理を悪徳弁護士に頼んでしまった場合、最悪な事態になるので要注意です。

ネットの口コミなどで調べて良識を持つ弁護士に頼まないとものかなり高い手数料を請求される事もありますから注意を怠らない方がいいでしょう。

注意する必要がありますね。任意整理を行う費用の相場って何円位なんだろうと思ってググって検索してみた事があります。

私には大きな額の借金があって任意整理を望んだからです。任意整理に必要な費用には幅があって、相談する場所によって様々だという事が判明しました。個人再生に必要な費用というのは頼んだ弁護士や司法書士次第で異なります。お金で困窮しているのにそんなの払える理由がないという人でも分割払いにも応じて貰えるので相談が可能なのです。

参っている人は相談するべきだとと感じるのです。
借金まみれの状態から逃れる手段の一つに債務を整理があります。債務整理には任意整理、民事再生、自己破産という3種の手つづきがあり、全部まとめて債務を整理と言います。

それ以外に場合によっては過払い金請求もふくまれます。

ひとつひとつちがう手つづきなので、慎重に検討してから置かれている状況にぴったりいい方法をチョイスして、上手く借金の債務整理を成し遂げて下さい。

借金地獄でもう死にたい

毎月支払いながら完済を

任意整理は、債権者との交渉によって残った債務を毎月支払いながら完済を目さします。
この期間中に何らかの事情で金銭的な余裕が出たのであれば、繰り上げ返済で返済期間を短くしたり、一括で全て払い終えるといった対応が取れるでしょう。
この場合、任意整理を依頼した弁護士などがいれば、自らが債権者に返済計画の変更の問い合わせるよりも、この弁護士などを通した方が良いと思います。複数の方法が債務整理にはありますが、個人再生や自己破産で借金を処分したのなら、名前と住所が官報に載ります。

国の発行する官報には裁判内容などが掲載されるため、もし自己破産をしたのであれば二度公告され、または、個人再生のケースでは借金の整理中に三度、官報に掲載されます。

公告期間は1ヶ月あるのですが、一般家庭に配布されるものではありませんから、ほとんどの人は閲覧しません。

任意整理を行ったのであれば100%掲載されません。債務整理をした場合は、ブラックリストに記載され、それが消されるまでの5年は、クレジットカードの審査を通ることは容易ではないそうです。ですが、5年の間に創れている人たちもいます。

その場合には、借金を全て返済しているケースがほとんどです。

信用があれば、カードを製作する事が出来ます。
まだローンが残っているマイホームや車などがあるときに、自己破産の手続きをせざるをえない状況になると、ローン契約そのものが破棄され、住宅、店舗、自動車などは返済に充当するために売却しなければなりません。

ただ、債務整理といっても自己破産以外は住宅ローンなどの契約は保全され、支払いはこれまで通りしていかなければいけません。また、これらを売却して返済に充てるなどということは考えなくても良いのです。 借金の返済はこの先できない

© 2019 現在も未完の大器のままです. All rights reserved.

テーマの著者 Anders Norén.